あの「あぶない刑事」が帰ってきた!
日本が『バブル」と呼ばれた時代に人気を博したドラマ「あぶない刑事」。その映画化第6作目『まだまだあぶない刑事』のいろんな映画サイトの平均的な評価を調べてみました。リアルタイムに見ていた世代が懐かしみながら『まだまだあぶない刑事』を評価するのか?それとも、劇場版から、アブデカを見始めた世代に評価されているのか?

結果は… 評価:3.1/5段階


「あぶない刑事」シリーズの主な興行収入
あぶない刑事: 26億円
またまたあぶない刑事 :18億円
もっともあぶない刑事 :12億円
あぶない刑事リターンズ:9億1000万円
あぶない刑事 フォーエヴァー THE MOVIE:8億8000万円
まだまだあぶない刑事 :8億1000万円
さらば あぶない刑事 :16.1億円


まだまだあぶない刑事知ってる?
あの、ダンディ鷹山とセクシー大下コンビが、行方不明から復活!

1980年代に『アブデカ』として一世を風靡していました。横浜 港警察署、ダンディ鷹山ことタカ(舘ひろし)とセクシー大下ことユージ(柴田恭兵)コンビの今から思えば、出演者のキャラが立ちまくっていて、時代を反映しすぎているとも思えるほど、見ているものを飽きさせない刑事ドラマでした。

そんな誰しもが忘れられないあぶない刑事、映画第6弾が『まだまだあぶない刑事』です。

7年前、『あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』で行方不明になっていた2人は、なんとプサンで潜入捜査をしていた。というところから話は始まります。7年の月日は、ダンディ鷹山とセクシー大下コンビにも容赦なく過ぎ去り、渋さが増しています。

久々の古巣の港署では、共に長い時間を過ごしてきた、カオルやトオルも出世していしまっている現実が待っています。

サザエさんワールドのように時を止めず、あぶない刑事のなかで独自の時間の流れが存在します。しかし、それは嫌なものではなく、昔ながらのファンに設定を合わせているのかもしれません。

しかし、あのハチャメチャなワールドはそのまま存在。1980年代ドラマのノリを感じられる、『まだまだあぶない刑事』懐かしさを求めて見ても、初めて見ても楽しめる作品です。


刑事物のドラマだと、西部警察のイメージが強く残っている人もいて、西部警察には、舘ひろしさんも出演しており、その当時からバイクを使ったスタントにも挑戦していたことで、あぶない刑事で舘ひろしさんが演じるタカこと鷹山敏樹がバイクに乗っている姿は西部警察のシーンを思い出した人も沢山いたでしょう。

あぶない刑事のシリーズは完結してしまいましたが、今後も日本で制作される刑事物のドラマや映画では、あぶない刑事の影響を受けた作品が登場することもあるのではないでしょうか。

日本映画のスタントや技術はハリウッドのそれと比較される場合も多く、なかには物足りなさを感じる人もいたかもしれませんが、舘ひろしさんはあぶない刑事やその他の作品でもスタントマンを使わず、自らスタントを行うことで、臨場感やリアルを感じさせる演技から、国内の刑事物映画の代名詞になったのだと思います。

若い世代にはバブル期の日本をイメージさせることから「古い」という評価をもらうあぶない刑事ですが、あぶない刑事ファン、タカ&ユージファンにとって最高の作品ではないでしょうか。
Copyright (C) まだまだあぶない刑事 All Rights Reserved.